シングルマザーは不幸?

1.シングルマザー=不幸ではない

2021年に離婚が成立。自分が2人の子供のシングルマザーになるとは夢にも思いませんでした。それでも自分で選んだ生き方なので後悔はありませんし、「離婚しなければよかった」と思ったことは1度もありません。そして自分が不幸だと思ったこともありません。

贅沢はできませんが、衣食住が足りてかわいい子どもたちと平穏に暮らせる、これだけで幸せです。

シングルマザーが不幸がどうか?この問いは

シングルマザーであることは関係ない

と私は思います。

このブログは離婚をすすめるスタンスではありません。離婚しないで済むのならば、しない方が絶対に良いです。しかし離婚のメリット・デメリットを天秤にかけた時、離婚した方が良い人もいます。

2.なぜ離婚にふみきったか?

離婚前の夫との関係

結婚前から合わないこと・不安なことは多、モラハラもチラホラありましたが「結婚なんてこんなものかな」と思い込んでいました。結婚に焦りもあり、違和感に目をつむっていたのです。それでも何もなければ普通に仲の良い夫婦だったと思います。

しかし子供が生まれてから夫と衝突することが多くなり「離婚するかも」とぼんやり考えていた気がします。

りょう
りょう

「きっとこの人と一生暮らすのは無理だろうな」と思っていました。

離婚の決意

じゃあ、なぜすぐ離婚しなかったのか?

それは・・・

  • お金がない
  • 世間体が悪い
  • 子供がかわいそう
  • 面倒くさい
  • 本当に離婚して良いかわからない
  • もう少し我慢してみよう

という問題や思いがあったからです。

結局、離婚したい⇔考え直すという事を行ったり来たりを10年くらいしていました。

最終的に決定的になったのは働かなくなったからです。

夫は働くということが向いていない人で、上司と喧嘩して会社を辞めてきたことも何度かありました。小学生の子供2人と無職の夫を私一人で養うという生活の繰り返し。収入がなくても健康保険料と社会保険料の請求は来るため、毎月数万円単位での赤字。預金残高がどんどん減ってゆきました。

病気などでパートナーが一時的に仕事ができなくなる事はよくあります。

信頼関係ができている夫婦であれば、一緒に乗り越え「あの時は大変だったね」と後で振り返るでしょう。

私も「いつかは落ち着くはず」と何度もサポートをしましたが、状況は悪化する一方。繰り返す転職や長期の無職期間は本当に家庭の中が荒みます。「これでは子供まで路頭に迷ってしまう」と思い離婚の決意をしました。

リコカツ

離婚を決意して、2年間を準備期間に使いました。

離婚したいけど離婚できない場合は、お金がない事が最も問題になるでしょう。私は2年かけてコツコツとお金を貯めました。わずかなアルバイト代、不用品をフリマアプリで売ったり、小遣いを貯めたりしました。2年あると結構貯まるものです。

私は、両親にもほとんど頼れず、自治体の支援制度は一つも受けられませんでした。それでも贅沢をしなければ、親子3人なんとかなっています。

両親が健在ならば頼るのもありでしょう。自治体の支援制度も利用できる人もいるでしょう。これらの応援が受けられるなら離婚のハードルは下がります。教育資金や自分の老後の生活資金がどうなるかはわかりません。しかし、それは離婚していなくても同じだし、自分の健康や子供たちの平穏には代えられません。

3.離婚後の気持ち

今の気持ちは、スッキリ!!

これにつきます。

家庭からストレスが消えました。毎日家に帰るのが楽しみです。子供と3人ドタバタしながら平和に暮らしています。

自由な時間は減ったけれども、一生懸命生きようという覚悟を持つことができました。健康、お金、子供に丁寧に向き合うようになりました。

離婚は本当に面倒くさいことが多いです。やらなくてはいけないことがたくさんあります。体力的にも精神的にも負荷がかかります。でも子供たちと健全な生活を構築するためだと思えば、それほど苦ではありません。

4.自分で決める

離婚するかどうか?

じっくりと考え、客観的に自分で決断することです。離婚を決意し、準備期間中に、思いもよらずパートナーの良い所がみつかるかもしれません。離婚に踏み切れず、気づいたらお互いおじいさん・おばあさんになって穏やかに生活しているかもしれませんね。それはそれでハッピーかもしれません。

どちらにしても自分で決めるということは、後悔ない人生の絶対条件です。

りょう
りょう

私は仕事上、多くの高齢夫婦をみています。すべての夫婦がずっと円満なわけではないです。

確かに、夫婦仲が良く経済的に恵まれている家庭もあります。また容姿に関しても綺麗な人もいればそうでない人もいるように、皆人それぞれの人生です。

ゲームに例えるならば、自分の環境は自分に与えられたストーリー。リセットできませんので、クリアするしかありません。

なかには人生イージーモードの人もいるかもしれません。私はハードモードかもしれませんが、決してハードモード=不幸ではありません。

この人生を楽しみながらクリアしていきたいと思っています。